フルブラウザ携帯あれこれ

フルブラウザを搭載した携帯電話が増えてきたので、簡単にまとめてみた。

携帯電話のフルブラウザには2種類ある。

一つは組み込み型、もう一つはJavaアプリ型である。

■組み込み型

ACCESSのNetFrontやノルウェーOpera SoftwareのOperaなどがある。
OperaのBREW版はauの携帯電話機W21CAに組み込まれている。

●フルブラウザ搭載機種

ウィルコム(旧DDIポケット)のPHS端末 AH-K3001V(Opera)

au(KDDI)のW21CA、W21CAII、W31CA、W31T。「PCサイトビューアー」(Opera)

ボーダフォンは Vodafone 702NK(OperaやNetFrontをインストールして使用)。

NTTドコモは FOMA M1000、N901iS(ACCESSのNetFront)。

組み込み型はバージョンアップできないのが難点。

■Javaアプリ型

携帯電話にダウンロードして使う。
jig.jpのjigブラウザやプログラマーズファクトリのScopeなどがある。

ダウンロードして使用するのでバージョンアップが可能。

Scopeは広告表示が条件で無料で使える。
jigブラウザの場合は月額利用料1050円(年間なら6000円)

プログラマーズファクトリ - Scope

フルブラウザでPC用サイトを閲覧:jig(ジグ)ブラウザ

■パケット課金

NTTドコモ
パケット定額制の料金プランを契約しているユーザーでも、フルブラウザでやりとりしたパケットに対しては別に計算され、従量課金が適用される。

au
EZwebとEメールだけなら上限額は4200円(税込4,410円)なのに対して,フルブラウザのパケット代を含めると上限額は5700円(税込5,985円)になる。

Javaアプリ型のブラウザを使えば、標準ブラウザのパケットとして取り扱われるので、こうしたパケット課金の違いをクリアできる。

posted by さわひで at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。