【Postfix】fatal: main.cf configuration error: mailbox_size_limit is smaller than message_size_limit

自宅サーバのユーザーから、メールが届かないという話があったので、
/var/log/maillog を調べたところ以下のようなエラーが吐かれていた。

fatal: main.cf configuration error: mailbox_size_limit is smaller than message_size_limit




数十メガの添付ファイルを送ろうとしたときに、設定変更していたのだが、合わせて mailbox_size_limit を大きくしておかなかったので、メールが受信できなくなっていた。(デーモンは起動する)

設定ファイルは /etc/postfix/main.cf で、デフォルトではパラメータが書かれていない。デフォルト値は、10MBで制限される。

そのため、100MBで設定していた。
──────────────────────────
# 送信メールの最大サイズ(単位はbyte。0は無制限)
message_size_limit = 102400000
# メールスプールの最大サイズ(単位はbyte。0は無制限)
mailbox_size_limit = 102400000
──────────────────────────

mailbox_size_limitはユーザーのメールスプールのサイズ上限。

スプールがmalibox形式の場合、mailbox_size_limitはファイルサイズの上限値であり、maildir形式の場合はmaildirに置かれるファイル1つあたりの上限値となる。

環境は Fedora Core 4 、メールサーバは postfix-2.2.2。


posted by さわひで at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | オープンソース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。