今度は「VMware Server」が無償に!

無償で使える「VMware Player」(裏技あり!) では、VM Player と QEM を組み合わせることで、
仮想環境がコスト負担なしでできるようになったとお伝えした。

今度はなんと「VMware Server」が無償公開になった。
まだベータ版だが正式版も無償公開される予定である。

「VMware Server」は「VMware GSX Server」の後継にあたる製品。

「VMware Server」は「VMware Player」と違って、仮想マシンを作成することもできる。

ホストOS は Linux と Windows 2000 Server/Server 2003(64ビット版を含む)だが、
動作保証外ながら Windows XP上でも動作するようだ。

ゲストOS は Linux、Netware、Solaris x86、Windows(64ビット版を含む)が利用可能。

VMware 自身は新規ユーザーを開拓するためのマーケティングと位置づけているようだが、
実際にはどうだろうか。

Microsoft Virtual Server の大幅廉売や、Xen などの仮想環境の広がりによって、
VMware のビジネスモデルに大きな変化がもたらされたのではないだろうか。

なお、有償の上位版として「VMware ESX Server」がある。
これはホストOSが不要という大きな違いがある。


■関連記事

[Comp]VMware Serverを入れてみた。
[PC]VMware serverを入れてみた
DirectX.tv Doppelheit: VMware ServerをWinXPにインストールしてみるテスト
DirectX.tv Doppelheit: VMware ServerをRHEL4にインストールしてみるテスト

上記サイトには、実際にインストールした話があります。

VMware、VMware Serverの価格をゼロに
【MDC2006】マイクロソフトがWindows Server 2003 R2を発売,Virtual Serverも大幅廉売
VMware、仮想PC作成・実行ソフトのサーバー版「VMware Server」を無償公開
米VMware,「Microsoft Virtual Server」対抗で製品を無料化
米ヴイエムウエア、サーバー向けのOS仮想化ソフトを無償提供
米VMware、サーバ向け仮想化ソフト「VMware Server」の無償提供を開始

【Linuxウォッチ】第24回 VMware vs Xen,激しく火花を散らす仮想化技術の最新動向
posted by さわひで at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(2) | ソフトウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

VMWare Server の無償提供開始
Excerpt: ヴイエムウェア、「VMware GSX Server」を無料提供へで噂されていた...
Weblog: IP-Network - Road to IPv6 -
Tracked: 2006-02-12 02:45

無償で使える「VMware Player」(裏技あり!)
Excerpt: VMware といえば、Windows/Linux上で動作する、PC/AT互換機エミュレータ。 Linux 上で Windows を動かしたり、その逆に Windows 上で Linux を動かすこ..
Weblog: IT革命~
Tracked: 2006-02-12 03:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。