新しいパソコンを購入したので Windows 7 にデータ引越し

新しいパソコンを購入したら、まず行わなければならないのが、利用環境の引越しだ。

今回購入したのがWindows7 搭載のThinkPad。現在使っている Windows Vista のパソコンからデータやアプリケーションの移行する必要がある。いつもであれば、文書ファイルやメールデータをハードディスクもしくはネットワーク経由で移し、アプリケーションは一つ一つ手作業でインストールしていたのだが、それも面倒なので今回はデータ引越しソフトなるものを試してみることにした。

パソコン引越しソフト、データ移行ソフトの類は数多くあるが、以前、AOSの「ファイナル パソコン引越しPRO 7はデータや環境設定だけでなくアプリケーションの移行ができると聞き、気になっていた。Windows7 のパソコンを購入したときに使ってみようと思っていて、ようやくその機会がやってきた。

Windows Vista から Windows7 へとOSも変わることだし、もちろん諸々の制約があるのは承知の上だ。特にデバイスドライバ絡みのものや、ウイルス対策ソフトはそのまま移しても動かない。それを差し引いても、よく使うアプリが再インストールすることなく動けば御の字だ。

何ができて何ができないかは、これから購入する人の参考になると思い、ここに記録を残すことにする。


■ Microsoft Office 2000

かなり古いバージョンだが(笑)、アプリの再インストールは不要。最初の起動時のみメディアを要求される。それ以降は普通に使えている。

■ 秀丸エディタ

アプリの再インストールは不要。ファイルの関連付けは手動で行う必要があった。
メニュー その他→動作環境→関連付け→HmSetup.exeを起動 標準の設定→完了

■ FileZilla

アプリの再インストールは不要。サイトの情報は移っていなかったので、旧環境からファイル→エクスポートでファイルに書き出し、新環境でファイル→インポートを行い移行した。

■ Headline Reader

アプリの再インストールは不要。サイトの情報は移っていなかったので、旧環境でファイル→OPMLで選択項目以下を保存し、新環境で保存したOPMLファイルをチャンネルリストにドラッグ&ドロップで復元した。移行してから、すべてのチャンネルを購読開始にする必要があった。

■ Skype

新パソコンのスタートメニューから起動すると、初回は言語設定を聞かれるが、その後は普通に使える。コンタクトリストも移行できている。チャットログはサーバからダウンロードしているのか、元の状態に戻るまで時間がかかるようだ。

■ Firefox

アプリケーションの再インストールは不要。ブックマークやアドオンが移行されなかったのは、ちょっと残念。

■ FreeMind

フリーのマインドマップ作成ソフト。このソフトは Java アプリだが起動しなかった。
Java 自体はデータ引越しソフトでは移行していたのだが、再インストールすることに。
Java の再インストール後は、FreeMind も起動するようになった。


引き続き、追記していく予定。




パソコン引越しソフト


posted by さわひで at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。