さくらVPSにグループウェアAipoをインストールする

Aipoはオープンソースで提供されている無料グループウェア。すでに20万件を超えてダウンロードされ、数多くのサーバで運用されている。

そのAipoを、最近サービスが始まった激安VPSのさくらのVPSにインストールして運用することにした。以下はその手順である。(といっても、ほぼマニュアルに書いてあることだが)

ここからグループウェア Aipoをダウンロード

さくらVPSにSSHで接続。/usr/local にダウンロードしたアイポ aipo5020ja_linux.tar.gz をアップロードする

あとはマニュアルのとおりに淡々とコマンド実行する。

ステップ1 アーカイブの解凍

# cd /usr/local
# tar -xvzf aipo5020ja_linux.tar.gz
# cd /usr/local/aipo5020ja_linux
# tar -xvzf aipo5020.tar.gz
# mv /usr/local/aipo5020ja_linux/aipo /usr/local/

また、さくらのVPSが素の状態なら「readline-devel」「zlib-devel」が必要となるのでインストールする。

# yum -y install readline-devel zlib-devel


ステップ2 インストール

# cd /usr/local/aipo/bin
# sh installer.sh

ここでApacheとポート番号がかぶらないように、ポート番号を80から81に変更する。
(Apacheを使わないのであれば、そのままでもOK)

参考
変更するファイルは、/usr/local/aipo/tomcat/conf/server.xml の
Connector port="81"
と /usr/local/aipo/bin/startup.sh の
s_port_num=81
を変更する。

ステップ3 Aipoの起動

# cd /usr/local/aipo/bin
# ./startup.sh

ブラウザから http://IPアドレス:81/aipo にアクセスして、Aipo の初期画面が見えていればとりあえずOK。

まずはじめに行わなければならないのが管理者パスワードの変更だ。

管理者でログインして、「会社情報管理」→「管理者パスワードを変更する」

ひとまずここまでやっておけば一段落。コーヒーでも飲みながら、ユーザ登録でもすることにしよう。





グループウェアをSaaSで使う

posted by さわひで at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | グループウェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。